お問い合わせ

IRオプティクスIR Optics

取扱製品

渦巻き状ビーム成形素子

はじめに

光領域の特別な種類としてのボルテックス(Vortex)ビームは、中空の光強度分布とスパイラル位相分布をしています。
この素子は、ガウスビームをボルテックスビームに変換します。レーザ加工やマイクロ粒子のマニピュレーション、自由空間光通信、量子情報処理、光画像処理などの重要な用途があります。
当社では、集光レンズと組み合わせたボルテックスビームのスパイラル位相板を使用します。その結果、焦点面に制御可能な直径サイズの利点を達成します。


アプリケーション

取り扱い方法

ボルテックスレーザビーム整形の典型的なシステムは、次の図のように、ボルテックス素子と集光レンズで構成されています。

ボルテックス素子を通過したガウスビームは、集光レンズの焦点面付近の円形リング上に、希望スポットを得るために位相変調されます。


必要なパラメーター

お客様には、以下のパラメータをご提供していただく必要があります。

       

ここで、
L:ワーキングディスタンス
D:スポットサイズ


設計の原則

トポロジカル電荷の外径サイズおよびプロセスで使用される部品の回折限界サイズに依存し、そのコア素子と垂直入射光を確実にすることが重要です。