お問い合わせ

レーザオプティクスLaser Optics

取扱製品

F−θスキャンレンズ

マーキングや穴開け、溶接、ダイシング、スクライビング、切断、彫刻などを行う最先端レーザ加工機では、そのほとんどに、2次元でレーザビームをスキャニングするために、XYガルバノメータ・スキャナーやビームエクスパンダーと共にF‐θスキャニングレンズが利用されています。
『F-θ』という名前は、物体空間で作られる放射像の高さ(Y)が、レンズの焦点距離(F)に主光線の角度(θ)を掛けたものと等しいことに由来しています。すなわち、像の高さがスキャン角にほぼ正比例し、像の歪みは、像の高さからそれぞれのフィールドで計算できます。
一般に、このレンズのF-θ歪みは、ソフトウエア等で補正せずに1%以内に保たれているので、平面の結像面で正確なスポットが得られます。この結果、スキャン領域全面にわたって、ミクロン単位で回折限界のスポットサイズの平面像を得ることができます。
パワーの損失を防いでスループットを増やすため、高透過率のARコーティングがレンズ素子の表面に施されています。
スキャンレンズは、工業規格M85X1のマウントでレーザ機器に取り付けられるように設計されています。異なる規格のマウントにも簡単に取り付けられるようにマウント変換アダプタを用意してあります。ほとんどの製品は、特段の断りがない限りRoHS規制に準拠しています。
2軸スキャニング・システムの場合、開口絞りはX-Yミラーの中心点でセットされます。

弊社では、レーザの種類や精度に応じて、各種のF-θスキャニングレンズをご用意しています。
より高精度なスキャニングレンズがご必要な場合は、テレセントリック・スキャンレンズをご利用下さい。

取扱商品一覧

外形図面はこちら

    型名 波長
CO2単レンズ SL1-10.6/9.4 10.6μm/9.4μm
CO2二重レンズ SL2-10.6/9.4 10.6μm/9.4μm
CO2三重レンズ SL3-10.6/9.4 10.6μm/9.4μm
   Nd:YAG, グリーン、
およびUVレーザ用
レンズ 
SL-1064 1064nm (光学ガラス)
SL-532  532nm(光学ガラス
532nm(溶融石英)
SL-355 355nm(溶融石英)
SL-266 266nm (溶融石英)
ウルトラファースト
レーザ用
レンズ
SL-HF 1030nm-1090nm
ファイバーレーザ用
レンズ
SLF-1064 1064nm
その他のレーザ用 SL-2000 2000nm
SL-1550 1550nm
SL-1060 1060nm
SL-980 980nm
SL-808 808nm
SL-633 633nm
SL-405 405nm
SL-248 248nm
SL-アクロマチック
(色消し)レンズ 
SL-1064-532 1064nm & 532nm
SL-1064-635 1064nm & 635nm
SL-355-532 355nm & 532nm
SL-355-635 355nm & 635nm
SL-532-635 532nm & 635nm
SL-940-808 940nm & 808nm