お問い合わせ

レーザオプティクスLaser Optics

取扱製品

テレセントリック・スキャンレンズ

色消し(アクロマチック)レンズ

レーザ走査システムにCCDカメラを装備した場合に、波長の違いを補正するために色消しスキャンレンズが開発されました。 焦点距離、作動距離(ワーキングディスタンス)および焦点スポットは、レーザ加工波長と可視波長の両方に対して同じで、F-θスキャンレンズを通した実際のイメージをCCDで補足できるようにします。F-θスキャンレンズは、一般的に低分散クラウンガラスと高分散フリントガラスを一緒に使用して色収差を良好に補正します。

  

外形図面はこちら