お問い合わせ

IRオプティクスIR Optics

取扱製品

M字型ビーム整形素子

はじめに

レーザ加工では、エネルギー分布についていろいろな要求がある中で、エッジ部分が低くて高いM字型のスポットもそのうちの1つです。例えば、レーザ溶接では、加工温度が高くなりすぎるのを防ぐため、M字型スポットが理想的な場合があります。以下に示すように、このM字型ビーム整形デバイスは、エネルギー効率が高く、急峻なエッジビームエネルギー分布をしています。

アプリケーション

取り扱い方法

フラットトップ光整形素子と同様に、典型的なM字型整形システムは、レーザ、M型素子および集光ミラーで構成されています。希望のM字型スポットを得るためのデフォーカス位置の基本的な実験構成を以下に示します。

左側の「A」からのガウスビームが出射され、ある程度の距離を通過し、DOE素子に入射した後、次いで、M型光強度分布を実現するために、離れた"C"の焦点面から薄肉レンズを通過します。

カスタム化に必要なパラメーター

お客様には、特注品のM型形状素子加工を進める前に、以下のパラメータをご提供していただく必要があります。